オンライン演奏会にはじめて参加する人がいる場合、接続テストをしておくことが重要です。

ビデオ会議への参加は、慣れれば簡単ですが、いきなりだとうまくいきません。
初回は以下のような問題が起こることが考えられます。
・メールが届いていなかった
・うまく参加できない(どうすれば参加できるかわからない)
・音が出ない(聞こえない)
・ハウリングしてしまう

大勢が集まっている中で一人でもこのような状況になると、その方への対応のために全員を待たすことになります。
状況が改善しなくても「今回は欠席にしてください」とは言いにくいため、これで1時間無駄にしてしまったことがあります。

新らしいメンバーが参加する場合は必ず接続テストをしてください。

テストをする場合でもビデオ会議の主催方法は同じですので、以下を参考に行ってください。
なお、すでに開催が決まっているビデオ会議がある場合は、そのURLを使ってテストすることも可能です。

Googole Meet(グーグルミート)でオンライン演奏会(ビデオ会議)を主催する方法(パソコンの場合)